読んでほしい一冊

 

 

 

 

 

「おとなの教養」  池上 彰 著

自由な発想・思考のために必要な7つの教養を解説。

宗教、宇宙、経済、歴史など、現代版リベラルアーツ

の学びをスタートするには最適な入門書である。

 

「読めば一生学び続けたいと思える一冊である。」

               (高1生・Yさん)

 

(序章 P30)

”すぐに役に立つことは、

世の中に出て、すぐに役に立たなくなる。

すぐには役に立たないことが、

実は長い目で見ると、役に立つ。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「看取りの医者」  平野 国美 著

日本人が失いかけていた「幸福な死」を再び取り戻す

ための医療体制のヒントが、8つの在宅死の感動的な

事例と合わせて語られている。

 

「医療に興味があれば必ず読むべき。」

              (高1生・Aさん)

 

(第七話 女子中学生の一言 P185)

”戦後の高度成長期以降、日本人は家庭から病人と死を

遠ざけ、それをすべて病院に預けてきた。障害や重病

死が、子供たちの視界から消えてしまったために、

子供たちはその痛みを思いやる機会を喪失した。”

 

 

(第七話 女子中学生の一言 P185)

最近の「いじめ」の増加は、死を想って生きてきた

伝統の崩壊、そして他人への思いやりの衰退を示して

いるのではなかろうか。”

 

 

 

 

 

 

 

 

「スマホ脳」 アンデシュ・ハンセン 著

人間が進化の過程で獲得してきた脳の本質を エビデンスを

もとに鋭く解き明かし、記憶力や集中力、学力を向上させる

ためのヒントを提言している。

 

(第7章 バカになっていく子供たち P180)

”マシュマロをすぐに1個もらうより2個もらうために

15分待てる4歳児は基本的に、数十年後に学歴が高く

いい仕事に就いている。”

 

 

(第8章 運動というスマートな対抗策 P216)

”散歩、ヨガ、ランニング、筋トレーどれも効果があった。

運動によっていちばん改善されたのは、知能的な処理速度

だ。運動をしていると頭の回転も速くなるというわけだ。”

                   (イスラエルの研究結果)

 

 

 

 

 

 

 

「思考の整理学」 外山 滋比呂 著

歴代の東大生・京大生が根強く支持するエッセイ。

壁にぶつかったとき、新しいアイデアが必要なとき、自分の

能力を最大限引き出すための知恵が 数多く詰まっている。

 

(Ⅱアナロジー  p63)

 ”わかりにくいところを、思い切って速く読んでみると、

 かえって、案外、よくわかったりする。残像が生きて、

 部分が全体にまとまりやすくなる”

 

(Ⅳ整理  p115)

 ”頭をよく働かせるには、この”忘れる”ことが、きわめて

 大切である。頭を高能率の工場にするためにも、どうし

 てもたえず忘れていく必要ある。”